« 2010年5月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年6月 2日 (水)

第2回給食委員会

5月の給食委員会の会議の内容です。
☆給食委員会の目標☆
 
今年の給食委員会の目標として、「誤嚥を防止し、安全に食事をしていただく」ということをあげています。
 誤嚥・・・食べ物や異物を気管内に飲み込んでしまうこと。
 誤嚥性肺炎・・・誤嚥が続くことで、気管内に食べ物・異物がたまり、細菌が増殖して肺炎を引き起こすこと。
 ○誤嚥防止のために具体的に取り組むこと○
1.食事形態の選定方法を確立する。
   <食事形態(サンライズ)>
 普通食   きざみ食(一口大)  ソフト食(みじん切り状のものを食べやすく固めたもの)  ミキサー食(ミキサーにかけて、とろみをつけたもの)
 の4種類の食事形態のなかで、利用者様にベストな食事形態をえらぶことで、誤嚥を防ぐことができます。
 
 その選び方が、確立していません。STさん本人が、入所者・通所者全員の様子を一度に見に行くことは不可能なので、フロアの職員で食事形態を選定できるような仕組みを作りたいと思います。
2.とろみ剤などの使用方法の標準化。
  
  とろみ剤・・・増粘安定剤。片栗粉のように、食品にとろみをつけるもの。
  とろみ剤を使用することによって、水分で、誤嚥する方には、誤嚥を防ぐことができます。
   
  サンライズでは、現在、トロメイク(明治乳業株式会社)を使用しています。
   
  フロアや人によって、使用量がまちまちになっているので、基準をつくり、標準化したとろみを提供できるようにしたいと考えています。
3. 1.、2.、を 職員に周知するために、研修を行います。
4.現在の食事形態の改善
5.在宅復帰されてからも、安全に食事をしていただくための指導マニュアルの作成
 以上を今年、給食委員会で取り組むこととしています。
 それ以外にも、
 ☆イベント食
 ☆旬の食メニュー
 ☆誕生日ケーキ
 ☆誕生日イベント食
 なども、毎月行っていきます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

第2回環境・活動委員会

第2回 環境・活動委員会

【環境委員会】

前回の続きである備品管理方法を検討しました。

備品といっても数が膨大なので当委員会では利用者様の使用頻度が高い、①車椅子②車椅子クッション③歩行器④ベッドマットの4つについて管理することに決定しました。備品管理方法としては、まず上記4つの数を調べ、その後ナンバリングし、委員と係が協力して毎月末に所在と状態を記載(私たちで修理できるものは対応し、出来ないものは委員会で検討後、業者へ委託)、全職員がパソコンで確認できるようにネットワーク上に表示することになりました。上手くいくように皆でがんばります!!

【活動委員会】

展示物と余暇活動の見直しを行うにあたって現状を把握していきたいと考えています。展示物を改善するためには施設内の展示スペースがどれだけあるのか?を確認すること

が最優先だということで、皆で分担し確認することになりました。その後内容を検討していきます。

 当施設では日中に利用者様が何もすることがなく、ボーっとしている場面が少なくありません。職員は日々の身の回りのお世話(食事、トイレ、着替え、お風呂など)や書類業務に精一杯で、余暇活動に費やす時間はごく少ないのが現状です。『このままではダメ』ということは皆もわかっていますが、十分に出来ていません。そんな中『どうにかして取り組んでいこう!活動をきっかけに利用者様に少しでも元気になって頂こう!』と委員会で検討した結果、『活動の日』を作ろうということになりました。方法は各月に1日『活動の日』を決め、その日の1~2時間を使用し、職員総出であらゆるプログラムをいろんな場所で同時に進行していきます。利用者様は何をするかを決定し、自分で選んだプログラムに参加して頂きます。それを行う上で、利用者様・職員へアンケートを実施していくことに決まりました。

以上で今回の報告を終わります。ありがとうございました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年10月 »